治療品質への取り組み

翔己会グループでは、患者様に快適に治療をうけてもらえるよう、安全性や技術向上など様々なことに取り組んでいます。

CTスキャン(歯科用CT)

従来のX線写真では2次元的な平面での診断しかできませんでしたが、CT撮影をすることによって、3次元的な立体での診断をすることができます。

見えなかったものが見える

従来は2次元のX線写真での歯根や病巣を診断して治療を行っていましたが、CT撮影をすることによって、従来のX線写真では撮影できなかった部分まで見えるようになりました。顎の内部構造(骨の高さ・厚みなど)や埋伏歯と周囲の歯や、神経管との立体的位置関係を確認することができます。

わからなかったことがわかる

顎の骨と、歯の状態を立体画像で診断することができるのはもちろん、上顎洞(鼻の奥にある空洞の形)や粘膜の状態、のう胞(病巣の巣)までは確認することもできるようになりました。

できなかった治療ができる

インプラント治療では、インプラントを埋め込む顎の骨の立体構造を把握しておくことが重要です。また矯正治療では、歯が移動する限界を知ることができるので、的確に治療を進めることができます。

治療の安全性が広がる

インプラントだけでなく矯正や親知らず、根管治療など、幅広く歯科治療に応用することができ、従来見えなかったものが見えることで、治療の安全性を高めます。

積極的にスタッフ間の会話の場を設けております。

朝礼、終礼、ドクターMTGを定期的に行い患者様の治療方針の決定やドクターの技術の研鑽をしています。

院内技工士が長持ちする詰め物かぶせ物を作っています。

私達院内技工士は、マイクロスコープを使用し、精密な補綴物を作製する事を心がけて長期的な維持安定を目標として日々努力しています。
また最新の設備も導入し、オールセラミックスの作製も自院ででき、患者さんのニーズに合った、よいレベルの高い審美修復をすることが可能となりました。

滅菌対策に力を入れています。

当グループでは、患者様の安全性を最優先に考え院内でご利用いただくスリッパの滅菌はもちろん、治療に使う器具を1回毎に滅菌の上、真空パックで保存しています。

治療計画をわかりやすくご説明します。(インフォームドコンセント)

治療を受ける上で、どういう症状でこれからどういった治療が行なわれるかなどを知らないままでいるのは大変不安なものです。

患者様に症状や治療計画をよりわかりやすく説明できるよう当グループでは、虫歯や歯周病など各症状をわかりやすいアニメーションで紹介するMed Visor(メドバイザー)や、モニター上にレントゲン画像を表示し、治療経過などの説明するビジュアルマックスを導入しています。

より精密で確実な治療を行います。

一つ一つが小さい歯の、さらに小さな部分にある虫歯などを治療するには、肉眼ではとても不十分です。

当グループでは、歯の治療や詰め物を作製する際に拡大鏡を使用し、より精密でより確実に必要最小限の治療を行なっています。

ミクロの世界で歯周病を治療。

通常、歯周病の治療には歯磨き指導や歯石取りといったことが行なわれていますが、当グループでは、位相差顕微鏡を使い治療を行なっています。

顕微鏡を使用することで、今現在のお口の中の菌の状態を確認することができ、対応する薬を使い治療することが可能です。

  • 求人のご案内
  • 症例のご紹介
  • 南茨木プラザ歯科
  • かい歯科
  • かい矯正歯科インプラントセンター
  • 翔己会スタッフブログ
  • スタッフ矯正日記
  • 翔己会新聞
ページTOPへ